CADソフトについて

CAD(キャド、英: Computer Aided Design)コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること。あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)。人の手によって行われていた設計(Design)作業をコンピュータ(Computer)によって支援(aid)し、効率を高めるという目的からきた言葉である。
CADを「コンピュータを用いた製図システム」と解する場合は Computer Assisted Drafting, Computer Assisted Drawing を指し、同義として扱われることもある。
設計対象や目的によりCADD(Computer-Aided Design and Drafting;製図)、CAID(Computer-Aided Industrial Design;工業デザイン)、CAAD(Computer-Aided Architectural Design;建築設計)などと区分される場合もある。
日本での定義としてはJIS B3401に記載があり、「製品の形状、その他の属性データからなるモデルを、コンピュータの内部に作成し解析・処理することによって進める設計」となっている。

CAD資格 *CAD利用技術者試験 - 社団法人コンピュータソフトウエア協会実施の認定試験
*CADトレース技能審査 - 厚生労働省実施の技能試験
*建築CAD検定 - 一般社団法人 全国建築CAD連盟主催の試験
*Autodeskマスター試験 - CAD業界大手のAutodeskが自社製品の知識や操作能力を評価するベンダー試験
*3次元設計能力検定試験 - 特定非営利活動法人3次元設計能力検定協会実施の試験
*バーチャルビルディングスペシャリスト(VBS)認定試験 - グラフィソフトジャパンが公認する3次元CADのコンサルタント資格
*機械・プラント製図技能士 - 厚生労働省認定の国家資格

独学

CADを独学で習得したい!と思う人も多いのではないでしょうか。無理なことではありませんが、CADといっても様々な種類がありますので、まずはなんのCADを学びたいのかというところを明確にしておくことが重要です。そして、CADだけを操作できるようになっただけでは仕事はできないと思っておいたほうが賢明です。

仕事

少し前にはCADオペレーターなどの募集が多く見られたのですが、最近では設計者自身がCADを使用することが多くなっていますので、就職するにあたってはCADの技術とともにそれぞれの職種の製図や専門的知識が必要になってきます。また、正確さが大事な図面となるため、大雑把な人には向いていない職業とも言えます。

通信

CADの勉強は通信講座などでも学ぶことができます。実務以外でCADを習得するには通信講座が手っ取り早いのではないかと思います。購入するには高いCADソフトの体験版などもついていて、学習費用も5万円程度と、非常にお手軽です。通信でしたら通学と違い、自分の好きな時間に自分のペースで勉強できますのでおすすめです。

Copyright ©All rights reserved.CADソフトについて.